【一軍公式戦】北海道日本ハムファイターズ戦 [8月5日]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

逆転勝ちで連敗がストップです。

 

C.スパンジェンバーグが6回に逆転の2ランHRを打ちました。

4打席目、5打席目も二塁打と目を覚ましたという感じがします。

 

山川穂高は6回にレフトポール直撃の2ランHRと9回に追加点となるタイムリーを打ちました。

ランナーが居る場面で回せば打ってくれます。

 

ダメ押しは木村文紀の6回のタイムリーでしたね。

普段打たない選手が打つと打線も繋がります。

 

久しぶりに打線が機能したと思います。

打順が滅茶苦茶でも打てば繋がりますね。

この打順だから繋がったとは思えないので打順は本当に変えて欲しいです。

C.スパンジェンバーグとか1番向きじゃないですよ。

 

先発の伊藤翔は5回の途中まで1失点の好投でした。

5回の途中で交代した理由は良く分からないです。

5回を投げ切れたと思いますけどね。

5回まで投げさせないとリリーフが大変というのが分からないのでしょうか?

 

平井克典の回跨ぎは止めて欲しいです。

無理です。

打たれます。

学習して欲しいです。

 

平良海馬が頑張って投げてくれたから継投が上手く行ったと思います。

酷い継投を平良海馬が救いました。

 

源田壮亮が3安打と復調して欲しいですけどね。

源田壮亮の調子が戻らないと森友哉の2番起用が続くと思います。

 

森友哉のブロッキングは何とかなりませんかね。

リードが駄目ならせめて後ろに逸らさないで欲しいです。

体で止めようとせずにミットで捕りに行ってるんですよね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    悲壮感とまでは言わないが必死さは十分に感じられた。だから、腕が振れていたのだろうか1点でしのいだ。ただ気になるのが、彼まで
    真っすぐがシュート回転しているがどうしたことか!?初先発という緊張からのものであろうから、次回までしっかり調整して欲しい。
    勝ち試合を作った結果から今一度先発起用して欲しい。

    • sakano より:

      伊藤翔のシュート回転は力が入り過ぎたのと球種でツーシームを投げているというのも有ると思います。
      140キロ前半から中盤はツーシームでしょう。
       
      そしてもう一度先発のチャンスは与えると思います。
      これでチャンスを与えなかったら問題かなと思います。

  2. YOSHIKI より:

    勝って良かったです。その一言に尽きます。連敗が続けば最下位転落も現実的に見えてくるからです。勝ったけれども、源田だるま落とし打線は基本的に間違っているという考えは変わりません。sakano様と意見が異なるところですが、スパンジェンバーグについては、マルティネスが比較的打ちやすかっただけのように思えます。マルティネスからすれば、安全牌だと思っていたスパンジェンバーグに打たれて大きく動揺して大量失点につながった気がします。スパンジーが日本野球の壁を乗り越えたかは少なくとも残りのファイターズ戦の結果を見ない限りは判断できません。

    伊藤翔の必死に投げる姿は好感が持てました。福岡のレオ党様が仰るようにストレートがシュート回転するのが不安材料ですが、ひた向きな投球はチームを鼓舞できたと思います。勝ちをつけてあげたかったですが、辻監督の左対左は絶対病が始まります。西川から3人続く左打者に佐野をぶつけます。3人でアウトにしたのはバントの中島だけでした。小川よりは幾分かマシなだけで左封じに向いているとは思えません。

    sakano様が仰るように、左対左は絶対病に続いては、回跨ぎ上等病を発症します。平井が5回のピンチを乗り切ったのは良いですが、6回も続投して満塁のピンチを作って平良を投入です。辻監督は平良が満塁被弾した楽天戦と同じ継投失敗を繰り返しましたが、平良が実力で乗り越えてくれました。結果オーライです。5回の辻監督の継投は、「何が何でもこれ以上の失点は避けたい。何が何でも勝つんだ。」という強いメッセージを送った以外は、内容的には失敗といって良いでしょう。選手の頑張りに救ってもらっただけです。

    スパンジェンバーグはまだ信用していませんが、源田の3安打は光明です。辻監督はスパンジー、源田、森、山川、外崎、中村、栗山、木村、鈴木(金子)を2020年のレギュラーオーダーと決めつけて、その形をできるだけ崩さないことが正義と決めつけて打線を組んでいます。源田だるま落とし打線は、その考え方に則っています。森の2番打者起用をやめてもらうには源田が復調する以外には方法が無い気がします。昨日の3安打をきっかけに源田が今日の試合から2番に復帰してくれることを希望します。

    森のパスボールについては、辻監督の全イニングフルイニング出場最強伝説が原因です。岡田を週に2試合は使って森を休ませないとパンクします。パンクしなくても打撃に悪影響を及ぼしています。森のリードには不満もありますが、キャッチング技術もブロッキング技術も以前に比べて上達しています。制球力の低い投手陣相手のリードに森自身が疲弊しています。

    源田についても同じことが言えます。最近らしくないプレーが散見していますが、大きな原因が疲労だと思います。辻監督の時代はレギュラーを守るためには全試合全イニング守り続けるのが基本だったのでしょうが、試合数が増えた現代野球では適宜休ませないと1年間良いパフォーマンスを発揮できません。大量得点差で勝ったり、負けている試合で途中交代させないと潰れてしまいます。少なくとも一昨日のような試合は山田遥に代えるべきでした。源田ほどではないですが、山田遥の守備もかなりうまいと思います。大負け試合での若手起用が控えのレベルを上げることにつながります。

    今日、西武の先発陣で安定感がある與座で連勝、勝率5割復帰することが優勝争いに踏みとどまる最低条件だと考えます。今日の勝利を期待します。

    • sakano より:

      C.スパンジェンバーグは下位で使えば良いじゃないでしょうかね。
      無理に上位で使うから打て無かった時に大きな影響を与えるんです。
      捕手が下位で打て無くてもあまり影響が無いように下位だったら影響は少ないです。

      個人的に危惧しているのは金子侑司を昇格させて鈴木将平を外して1番で起用するんじゃないかという事です。
      まだ金子侑司の1番起用に拘ってそうです。

      • YOSHIKI より:

        sakano様と同感です。逃げ腰スイングの打撃に成長が無い金子侑司よりも、鈴木将平を優先して欲しいです。

        あとsakano様がおっしゃるように、スパンジーを下位で起用するなら良いと思います。

        言うならばスパンジェングバーグは左の外崎ではなく、左の木村ですから8番、9番なら良いです。

        でも辻監督ルールで1番はスパンジェンバーグか金子侑司と決めつけてしまっているんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました