【一軍公式戦】福岡ソフトバンクホークス戦 [7月30日]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

連敗ストップですね。

 

森友哉が2打席連続HRを含む5打数3安打3打点2本塁打の活躍でした。

森友哉が打てば得点出来ますね。

打順とかは関係ないと思います。

 

C.スパンジェンバーグが4打数3安打1打点1本塁打の活躍でした。

単打が出ればサイクル安打だったんですけどね。

C.スパンジェンバーグは初本塁打が満塁HRだったとか要所で目立つ活躍をしますよね。

 

山川穂高は1打席目は先制のタイムリーを打ちましたが2打席目から4打席目までは四球です。

勝負しなくても次の打者で何とかすれば良いという考えですよね。

山川穂高の後に外崎修汰というのはやっぱり問題が有ると思います。

 

與座海人は打線の援護も有りましたが5回までを無失点の好投でした。

福岡ソフトバンクホークス打線は與座海人に対応出来て無いです。

アンダースローは苦手なんでしょうかね?

 

今日(30日)の試合は板東湧梧が今シーズン初先発という事だったので打てたのかなと思います。

まだ本来の打線では無いと思います。

2番から4番の打順を並び変えて欲しいです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました