【一軍公式戦】福岡ソフトバンクホークス戦 [7月29日]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

負けて2連敗です。

 

松本航は駄目でしたね。

打ち取る手段が無いから球数が多いです。

決め球は無いですし、配球で打ち取る事が出来ないので球数が非常に多くなります。

4失点で済みましたよね。

ピッチング内容を考えたらもっと失点してもという感じです。

 

打順を変えましたね。

2番に森友哉で4番に外崎修汰は無いです。

だったら2番外崎修汰、3番森友哉、4番山川穂高で良いじゃんと思ってしまいます。

上位打線が全く機能してません。

変えた理由も分かりません。

昨日(28日)は今井達也と平井克典が打たれたから負けたんですよね。

打線に問題が有ると思うならC.スパンジェンバーグを外すべきです。

 

あと1敗したら勝ち越しの可能性は消えますね。

ここまで勝てないとは思いませんでした。

福岡ソフトバンクホークスが強いという訳では無いのに負けてますよね。

自滅のような感じです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    今日は松本の投球に失望して別の試合を見ていました。
    先発が初回から点を取られるとチームはペースを握れないです。
    明日は何があっても勝たないといけないはずです。

  2. 福岡のレオ党 より:

    今井、松本両投手が両輪とは、かなり今シーズンは苦戦必至である。全く成長していない。
    素人ながら言わせていただければ、全くプロとしての自覚なし。まず、この世界決め球無くして
    生き抜こうなんて甘すぎる。松本投手は昨年出遅れながら7勝した実績から、今シーズンはある程度やれるだろうという思いであったろう。まあ、彼だけでなく誰しもそう思うであろう。
    しかし、この世界生活がかかっていますし、そんなに甘くもない。彼の真っすぐが、平良級であればまだしも、いとも簡単に弾き飛ばされるレベルの球であり、これと言った変化球、コントロールがあるでもなし、彼の地位も今や危うい状況である。
    広島、MLBで活躍した黒田博樹投手は、プロデビューでこの世界で全く通用しないという逆境から這い上がって輝かしい実績を残した。彼が学生時代の実績、ドラフト1位というプライドを
    かなぐり捨てて這い上がって来れるか!今後を見守りたいし期待したい。

  3. 福岡のレオ党 より:

    それにしても、39歳の和田投手の球の勢いには驚かされました。
    球のキレは入団当時から凄かったし、球の出どころが見えにくいのも大いにこの世界で生き抜ける要素を身に着けていた。余程、野球というものを自分自身の中心・底に据えて精進しているのだろうと推測されます。このようなベテランが存在するチームは強いはずである。松坂投手にも期待していたが故障が残念である。この世界で生き抜くためには、当初から武器を持っているか、入団してのちに手に入れるのか、とにかく、他を圧倒する武器を身に着けなければ生き残れない。プロに指名されて入団する選手は、類稀な資質を持っているのは間違いない筈である。そこから一つ上に上がることが、途轍もなく難しいのであろう。

    • sakano より:

      和田毅は元々技巧派だったので球威が落ちてモデルチェンジという事をしなくて済んだからでしょうね。
      そして左投げです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました