森友哉の打順を下げては?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

森友哉の打順を3番から6番に下げるというのはどうでしょうかね?

捕手をしながら主軸を打つというのは厳しいと思います。

捕手としての経験が成熟したのなら3番、5番でも大丈夫だと思いますが、森友哉の場合はリードの方がまだ未熟なので打撃の負担を減らすしかないのかなと思います。

 

森友哉に関しては2択だと思います。

打撃の負担を減らして捕手を続けるか、捕手の負担をなくして打撃に集中させるかです。

捕手として森友哉が必要なのか、打者としての森友哉が必要なのかの選択だと思います。

捕手としてはまだ成長途中なので配球ミスをする時も有りますし、リードの事で頭が一杯で打撃が疎かになる事だって有るでしょう。

今の森友哉がその状態だと思います。

我慢できるか、できないかですよね。

 

捕手を続けるなら打撃の負担を減らす為に打順を下げるというのは一つの手段だと思います。

3番、5番と6番では重圧は違うでしょう。

去年は出来過ぎました。

打撃に集中すれば首位打者のタイトルを獲得できるポテンシャルが有るという事です。

タイトルも獲得すれば相手からも徹底的に研究されるでしょうし、今年はリードの方も頑張っていると思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました