千葉ロッテマリーンズのまとめ [7月21日~26日]

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

メットライフドームでの有観客試合の6連戦は4勝2敗で貯金2という結果に終わりました。

制限が有っても観客が居た方が良いという事でしょうかね?

 

千葉ロッテマリーンズとの6連戦では投手陣が頑張ったと思います。

6試合すべて先発投手は試合を作るピッチングをしてくれてます。

東北楽天ゴールデンイーグルス戦で不安が残った平井克典や平良海馬も問題なく抑えてます。

打線の援護次第では6試合すべて勝つ可能性が有りました。

22日と26日の試合は打線が得点してくれてたら勝てましたよ。

 

打線の方はまだ目覚めません。

森友哉を外すという事をしたり、打順を変えたり、E.メヒアを昇格させたりと色色な事をするんですけどもまだ駄目です。

打順を変えるのも森友哉と外崎修汰の打順を入れ替えたりですけどね。

もっと大幅な変更が必要なのかもしれません。

 

順位も首位と1ゲーム差で3位と悪くない位置に居ます。

今の位置を維持する為にもそろそろ辻発彦監督には心を鬼にして貰って打てない選手は二軍に落とすべきだと思います。

C.スパンジェンバーグとかこのままだと潰れますよ。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました