【一軍公式戦】千葉ロッテマリーンズ戦 [7月24日]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

9回裏に外崎修汰のタイムリーでサヨナラ勝ちです。

源田壮亮のセーフティーバント+ヘッドスライディングで出塁して森友哉の犠打で二塁まで進めて山川穂高は勝負を避けられての外崎修汰です。

こんな攻撃を5、6回に出来てたらZ.ニールに勝ちが付いたんでしょうけどね。

 

Z.ニールはあと1イニング投げれる内容のピッチングをして欲しいです。

7回まで投げてくれないとリリーフが辛いです。

開幕投手まで任されたエースという扱いなんですから最低でも7回までですね。

今回は6回に失点して逆球も多かったという事で交代しましたけどね。

6回の2アウトから連打で失点というのが無ければ7回まで投げられたと思います。

 

攻撃は初回は山川穂高の2ランHRで先制しましたけど、初回以降の得点が9回までなかったというのが問題ですね。

千葉ロッテマリーンズ先発の石川歩に上手くやられましたけども打ち崩さないと勝てないですからね。

左打者はデータ通り打ち難いのでしょう。

左打者で打ったのは初回の源田壮亮だけです。

 

川越誠司をスタメンで使いましたね。

木村文紀を使うと思ってました。

川越誠司は全く打てませんでしたけどね。

木村文紀も代走で牽制死なのでどっちも駄目だったと言えますけどね。

何で木村文紀が代走で起用されたのかは理由は分からないです。

山野辺翔ともっと走れる選手は居ましたけどね。

 

とりあえず勝てたので良かったです。

ただ明日(25日)は平良海馬、R.ギャレット、増田達至はこれまでの傾向を考えると使わないでしょうね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました