【一軍公式戦】千葉ロッテマリーンズ戦 [7月23日]

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

與座海人がプロ初勝利ですね。

5回までを2失点の好投でした。

安田尚憲に打たれたタイムリーツーベースはもう少しで本塁打という打球だったのであれが入ってたら展開が変わってたと思います。

その後に中村奨吾にタイムリーを打たれて失点しますが、タイムリーと本塁打ではやっぱり違いますからね。

本塁打の方がダメージが大きいので崩れてたかもしれません。

與座海人の運が良かったのと逆球の失投でしたけどもコースが良かったのが幸いしてフェンス直撃で済みました。

先発なら6回までは投げて欲しいですけどもこれは次回以降の課題ですかね。

 

川越誠司がプロ初本塁打を打ちました。

2ランHRは逆転の一打になりました。

その後に1本、単打でも良いので打っていればもっと評価は上がったんでしょうけどね。

木村文紀を使わずに川越誠司を使った事が驚きでした。

辻発彦監督なので木村文紀は使い続けると思ってました。

 

鈴木将平が攻守で活躍しました。

1打席目に二塁打を打って1点を返すチャンスを作りましたし、8回裏の守備ではフェンス直撃の打球をジャンプしてアウトにしました。

アウトに出来て無かったら同点だったでしょう。

R.ギャレットを救いましたし、與座海人のプロ初勝利消滅も救いました。

 

R.ギャレットは158キロを連発でした。

同点に追いつかれそうな打球を打たれましたが鈴木将平がアウトにしてくれましたからね。

 

平井克典が6回を問題無く抑えたのは良かったです。

不安が完璧では無いですが無くなりました。

 

勝ちパターンを全員使ったので出来れば明日(24日)は使わない試合展開が良いです。

大量得点でZ.ニールが7、8回まで投げる展開ですかね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました