リリーフ問題の解決策

スポンサーリンク

どうしても勝ちパターンの連投が問題になって誰かが登板出来ずに逆転負けという事が起ってしまいます。

この問題の解決策を考えたいと思います。

 

まず現在、出来る事を考えたいと思います。

根本的な問題として先発投手が5回までしか投げられてないというのが有ります。

頑張っても6回です。

先発投手が出来れば完投、最低でも7、8回まで投げてくれたら勝ちパターンの負担は確実に減ります。

リリーフを休ませる事が出来る先発投手が居ないというのが問題ですね。

昔はエースが完投をしてたんですけども現在のエースはZ.ニールなのでどうしても100球までなんですよね。

 

あとは今いるリリーフ投手で何とかするしか無いです。

森脇亮介を勝ちパターンに入れたり、松岡洸希や齊藤大将などを試したりといる投手で何とかするしか無いと思います。

多和田真三郎が二軍の練習試合で2イニング投げたそうなのでリリーフで使うという方法も有りますし、多和田真三郎が先発で復帰が可能なら先発の中からリリーフに転向させるというのも一つの方法なのかなと思います。

例えば高橋光成はフォークが武器なのでリリーフでも1イニングなら大事な場面を任しても大丈夫だと思います。

あとは與座海人ですかね。

先発はZ.ニール、松本航、榎田大樹、今井達也、本田圭佑、内海哲也、十亀剣で何とか回して多和田真三郎が復帰出来れば追加をすれば良いのかなと思います。

 

打線が頑張って得点してくれたら勝ちパターンを出さなくて良い展開に出来るんですけどね。

打線が本調子では無いのでリードしていても僅差という試合が多いです。

 

現状では誰かを休ませても何とか逃げ切るように上手く使うしか無いのかなと思います。

出来れば早期に外国人投手の補強をして欲しいです。

今年は育成の支配下は諦めて貰って外国人投手で選手枠を埋めるという事も考えるべきだと思います。

 

平井克典は去年の登板過多の影響で駄目なのかもしれません。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    投げても5回か6回まででは先発の値打ちが無いです昔のような時代(飛ばないボール飛ばないバット楽な野手が昔は多かった)ではないけど7回まで投げ切れる先発が3人は必要です。
    本当に新外国人投手3人は獲得して競争させてほしいです。
    話はそれますが森はキャッチャーとしての資質に疑問が尽きないリードを含めキャッチングに盗塁阻止率に昨日は明らかに間に合わないサードに送球の指示あのボーンヘッドで負けたようなものです。
    ストライクをはじき昨日は平井の表情に怒りが見えました。
    甲斐のようにノムさん本を繰り返して読むなどの向上心はあるのか?今井と高橋光に共通するストイックではないタイプに見える。
    秋元バッテリーコーチはキャッチャータイプでないと見ていると推測できるがここにも辻監督の壁ですか現状2割5分の打率では他チームのキャッチャーよりも劣ります。
    ちなみに評論家の山崎武司氏はチームと森のためにもキャッチャーをやめるべきだとコメントしています。
    あとチーム活性化のためにも森と梅野のトレードなど刺激が必要だと思いますいずれにしても菊池の移籍と勝ち頭だった多和田が戦力なってないのが痛いです。

    • sakano より:

      Z.ニールも不安定なので先発2人、リリーフ1人の獲得は必要なのかなと感じます。
      S.ノリンを先発なのか、リリーフなのかで獲得するタイプの人数は変わりますけどもリリーフの方が良いのかなと考えて先発が1人余る形が良いのかなと思います。
      投手4人に野手1人体制ですね。
      先発の1人は二軍で調整で場合によっては入れ替えながら起用でも良いと思います。
       
      森友哉のトレードはしなくても良いです。
      捕手には岡田雅利も居ますし、柘植世那も良い捕手です。
      他球団から捕手を獲得しなくても十分に戦えます。
      それに今は不調でも首位打者を獲得する森友哉の打力は必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました