C.スパンジェンバーグを起用法

スポンサーリンク

C.スパンジェンバーグの1番起用はそろそろ厳しいと思います。

昨日(9日)の試合では先制点のキカッケになる二塁打を1打席目に打ちましたがその後はさっぱりでした。

意外と三振が多く、前評判では四球を選べるという話でしたが四球を選べるタイプには思えません。

 

6番あたりで自由に打たせた方が良いじゃないでしょうかね?

似たようなタイプでE.ヘルマンも当初は1番で起用されてましたが打て無くて6番、7番で起用されてから打てるようになりました。

1年目から1番で打てというのは無茶なのかもしれません。

 

ポジションもレフトでは無く慣れているサードの方が良いと思います。

本職はサードですよね。

 

外野はレフト鈴木将平、センター川越誠司、ライト岸潤一郎でしばらく固定してみて欲しいです。

 

しばらくはC.スパンジェンバーグの負担を減らす起用をした方が良いと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました