リリーフ強化の為に與座海人を配置転換

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

リリーフ強化の為に與座海人をリリーフで起用というのはどうでしょうか?

アンダースローは先発だと中盤辺りでバテると思います。

牧田和久がそうでした。

 

リリーフ適用すれば球威も上がるので左打者を抑えるという事も可能になります。

先発だと球数を投げるのでスタミナの温存もしなければなりませんし、下半身の疲労も普通の投手よりも有ると思います。

與座海人は牧田和久の最後の時と同じようにリリーフの方が良いのかなと思います。

 

與座海人が任されていた日曜日の先発は十亀剣、内海哲也、榎田大樹の誰かを起用すれば良いと思います。

 

リリーフでロングリリーフが出来る投手が欲しいです。

リリーフ起用だけで二桁勝利を記録する投手が居ますよね。

あれを與座海人にやって貰いたいです。

2、3イニングなら抑えられると思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました