オリックス・バファローズ戦のまとめ [6月30日~7月5日]

スポンサーリンク

オリックス・バファローズとの6連戦は2勝3敗1分でした。

負け越しですね。

引き分けもこうなるとマイナスですね。

 

投手継投に少し問題が有るのかなと感じました。

リリーフは去年よりも良いはずなのに酷使を避けてますね。

あまり連投はさせたくないみたいです。

今の継投の方針だともう少しリリーフの層を厚くしないと駄目だと思います。

 

打線の繋がりが悪いから打順を変えるという事もしました。

森友哉と外崎修汰の打順を入れ替えましたね。

個人的にはそこを変える?と感じです。

 

源田壮亮がこの連戦で復調したのは良い事だと思います。

逆に山川穂高がさっぱりでした。

山川穂高が福岡ソフトバンクホークス戦並みに打ってくれたら勝敗が変わってたのかなと思います。

 

心配だった今井達也と松本航はなんとか目途が立ちましたね。

勝ちが付いてないというのは問題ですけども同じピッチングをすれば勝は付くと思います。

 

オリックス・バファローズのT-岡田と吉田正尚を起こしてしまった感は有ります。

そして鈴木優や榊原翼の若い先発投手に抑えられたのはちょっと問題です。

低迷してて欲しかったオリックス・バファローズを生き返らせてしまった6連戦でした。

 

オリックス・バファローズ相手に負け越しは誤算です。

色々と方針を変える時期なんじゃないでしょうかね?

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    切り込み隊長外崎、3番森、7番スタンジェンバーグ、川越10試合先発起用、愛斗登録を期待したい。もう少し柔軟で西武ファンが期待する、望む野球を魅せてよ!あの戦力十分なソフトバンクでさえ、工藤監督は柔軟性を以って対応している。栗原選手の旬な選手を上手く売り出している。絶対にファンを意識した采配は、今の時代は絶対であると思います。足を運んでいただいてなんぼだし、育てながら勝つ野球を見たい。今のファンはかなり高いレベルで野球を見ていますよ!

    • sakano より:

      福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督は若手育成の為に選手を起用とか考えて無いですよ。
      A.デスパイネとY.グラシアルが居ないから調子の良い栗原陵矢を使ってるだけでA.デスパイネとY.グラシアルが来日して栗原陵矢が今のように打て無くなったらすぐに外すでしょう。
      若手選手を我慢して起用するという事はしない監督です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました