【二軍公式戦】 東京ヤクルトスワローズ戦 [7月5日]

スポンサーリンク

感想

十亀剣

6回までを無失点の好投でした。

カーブで緩急も使えてましたし、球数も83球と調整としては順調なのかなと思います。

そろそろ一軍で先発というのを考えて良いと思います。

山野辺翔

一軍からの参加で三塁打と相手のカットプレーミスでホームまで走りました。

1人で得点しました。

単打も打っているので2安打です。

E.メヒア

2打席連続のタイムリーを打ちました。

打ち出したのでそろそろ一軍という事になっても良いのかなと思います。

どのポジションで使うのか?という問題は有りますけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    外野に内野にとスパンジェンバーグには確かに気の毒であり、本職の内野で下位を打たせて日本の野球に慣れさせるべきである。とにかく采配も選手起用も冴えない。いよいよBクラス濃厚のような気がしてきました。それと、今年は森捕手は御難続きであり、徹底的に盗塁を仕掛けられている。他球団が森を潰しにかかっている。打撃にも悪影響が出ているように感じられる。
    相手の弱点をつくのはプロだから当たり前である。バッテリーで検討、対策を考慮していかなければ・・・・・。

    • sakano より:

      C.スパンジェンバーグはサードで下位固定で良いと思います。

       
      千葉ロッテマリーンズは元々機動力野球が主な攻撃なので走るのはしょうがないかなと思います。
      捕手が誰でも関係なく走ると思います。
      盗塁阻止はバッテリーでの作業なので投手のクイックやけん制も重要ですからね。
      打撃に関しては去年の首位打者なんですから相手から厳しく配球されるのは当然です。
      山川穂高の調子が上がらないのがちょっと森友哉にも影響しているのかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました