外崎修汰の3番起用はちょっと違う

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

外崎修汰の3番起用は山川穂高と森友哉の前にランナーをという点では良いと思いますが、チャンスを作るとなると外崎修汰だけではなく源田壮亮の力も必要だと思います。

外崎修汰の1番起用の利点は出塁出来て盗塁が出来るという点ですかね。

そして長打も打てます。

C.スパンジェンバーグの1番起用の場合は終盤のチャンスの場面では左投のリリーフが登板します。

C.スパンジェンバーグ、源田壮亮、森友哉と左打者が続くからです。

森友哉はあまり左投手を苦にしないので問題は無いですけどもC.スパンジェンバーグは変則気味の左投投手を苦手にしています。

外崎修汰が1番起用だったら右打ちの外崎修汰に左投手を登板させる事は無いでしょうし、C.スパンジェンバーグを山川穂高と中村剛也で挟めばC.スパンジェンバーグ1人の為だけに左投手を登板させるという事も確実に減るでしょう。

今の1、2番は左打者が並んでいるというのが良く無いのです。

秋山翔吾のように左投手を苦にしない場合は良いカモなので問題は無いですけどもC.スパンジェンバーグは左投手に苦しんでますからね。

ちょっと変えるだけでC.スパンジェンバーグの成績も向上する可能性も有る訳です。

外崎修汰の打順を変えるのなら3番では無く1番です。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました