【一軍公式戦】 オリックス・バファローズ戦 [7月3日]

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

引き分けでした。

この引き分けがプラスなのかマイナスなのかは残り2試合次第ですよね。

 

Z.ニールがT-岡田に打たれた3ランHRは失投です。

アウトコースに落として空振りという森友哉の要求通りに投げられずにインコース気味から真中へと変化しました。

本来なら負けたんでしょうけども運が良いのか追い付いてくれましたからね。

連勝記録は継続中です。

 

源田壮亮は復調ですね。

同点のタイムリーも打ちましたし、先制になるチャンスも作りました。

この調子で調子を上げて欲しいです。

 

あと1本が出ませんでした。

チャンスは作るんですけどね。

土壇場でオリックス・バファローズの選手が良い守備をするんですよね。

4回裏の川越誠司のファーストゴロも当りとしてはヒット性です。

ファーストのA.ロドリゲスが捕ってしまったんですからしょうがないです。

9回裏の2アウト満塁で呉念庭の打球もあと少しなんですよ。

 

川越誠司が4打席目にプロ初安打を打ちました。

これでプレッシャーからは少しは解放されたかなと思います。

オープン戦の時のような打撃が戻れば良いですけどね。

 

打順だけでも変えた方が良いじゃないかな?と思ってしまいます。

繋がりがあまり良くないですよね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    昔を語ってもだが、広岡・森監督時代での采配は、ファンの思いとほぼ一致していたような気がします。ご当地選手を先発で起用したり、ファンを意識した采配もプレゼントしてもらっていたような気がします(思い違いかな?)。意外にも辻さんって、あまりそのような感じがしない。
    2連覇してるんだからいい監督なんだろうが、余りに頑なところが見えて少し面白みに欠ける。
    川越選手もベンチで出番がない状況が続き、もっと旬の時期に起用してもらいたかったです。まあ、その状況下でも初ヒットおめでとう!兄貴の山川選手も結構冷たくされていた中で見返して今の地位をつかみ取った男であり兄貴に続いてほしい。

    • sakano より:

      求める事が厳しい選手と甘い選手が居ますよね。
      打撃が良い選手に対しては厳しいです。
       
      あとは理想を追い求めてるんでしょうけども失敗したのにまたやってしまう所が有りますね。
      理想通りにしようとするのは監督なので構わないですけども一度失敗した事を再度挑戦するというのはどうなんでしょうかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました