【一軍公式戦】 オリックス・バファローズ戦 [7月1日]

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

とりあえずノーヒットリレーだけは避けられて良かったというのが最初の感想です。

無安打で終わるというのはシャレにならないです。

 

先発の今井達也は6回でしたね。

それまでは粘って投げてました。

球審が際どいコースを全然取ってくれなかったのでボール先行が多かったですね。

今井達也のボール自体も暴れてましたけどね。

無援護の中で投げ続けるというのは精神的に厳しかったと思います。

2点くらい先制してくれたら違ってたと思います。

 

宮川哲の失点は責められないです。

ピンチの場面で登板して源田壮亮が珍しくミスをしましたからね。

ここで源田壮亮がエラーをする?とは思いました。

ミスが少ない源田壮亮がこのタイミングでエラーをするというのは運が無いというかね。

 

森脇亮介が2イニングを抑えたのが収穫ですかね。

あとは源田壮亮の打順をそろそろ考えないと駄目かなという事くらいですか?

源田壮亮の打撃不振は以前から火種としては有りましたからね。

今日(1日)の試合に限っての話ではないです。

平井克典、R.ギャレット、増田達至を休ませる事が出来たのでこの試合はこれで良いと思います。

 

負ける事はしょうがないです。

6連戦をすべて勝つとか滅多に無い事です。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました