左投げのリリーフ投手

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

左投げのリリーフ投手が本当に手薄です。

昨日(26日)のピッチングを見る限りでは小川龍也が勝ちパターンに入る事は無いかなと思います。

 

榎田大樹をリリーフに回すというのも選択肢の一つなのかなと思います。

リリーフの経験が有る投手なので問題は無いと思います。

 

あとはS.ノリンが昨日(26日)の二軍戦に登板して3イニングだけでしたけども良いストレートを投げてました。

リリーフとか出来そうな感じなので先発ではなくリリーフで起用という事も考えて良いのかなと思います。

 

齊藤大将はまだ勝ちパターンとか大事な場面で使えるほど安定感は無いので無理でしょう。

 

あとは外国人投手を獲得するしか方法は無いと思います。

戦力的にはE.メヒアを放出して補強なんですけどね。

E.メヒアは守るポジションが無いです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    阪神は貧打なので野手を出してピッチャーがほしいです。
    外国人左腕できたらウイリアムスのようなパワーピッチャーも必要だと考えます。
    楽天と巨人は積極的です。

    • sakano より:

      今年に限っては外国人投手の先発タイプを2人、リリーフタイプを2人、外国人野手を1人という事も可能ですからね。
      Z.ニール、R.ギャレット、C.スパンジェンバーグと居るので先発タイプとリリーフタイプですよね。
      S.ノリンが先発ならリリーフの左投手が欲しいです。
       
      あと育成の外国人を獲得して育成すべきだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました