若い力が必要なのでは?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

打線の調子がどうしても良くならないですね。

 

秋山翔吾の穴を外国人選手で埋めようとするから新たな選手が出て来れない状況になっていると思います。

埼玉西武ライオンズは選手がFAで抜けても穴を埋めるように若い選手が出て来ました。

選手の循環ができていたと思います。

 

現在は若手にとってチャンスになる穴を塞ぎましたからね。

鈴木将平、愛斗、高木渉を使って覚醒を待った方が将来の為になるんじゃないでしょうかね?

 

とりあえずセンターで鈴木将平を使ってみて欲しいです。

9番でセンターなら大丈夫だと思います。

守備の方は肩の方が少し不安ですけども足は速いので守備範囲は広いでしょう。

 

ライトはとりあえず中堅の川越誠司を使ってみてから愛斗や高木渉ですかね。

川越誠司が打てるのなら栗山巧を代打もしくは指名打者で中村剛也と併用してサードにC.スパンジェンバーグを使ってレフトを愛斗や高木渉のお試し枠として使うというのも有りだと思います。

 

世代交代の時期だと思います。

若手選手なら打て無くても経験として還元されるのでマイナスにはならないです。

 

FA補強なんて滅多にせずにFA流失が多いのだから世代交代で上手く循環させるのが埼玉西武ライオンズの特徴だと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    辻監督は固定のメンバーなので若手に出番がないですね。
    栗山を定期的に休ませて川越や呉そして鈴木を起用するのもありだけど。
    ところで今日は木村がチームと山川を救いました。
    それにしても大事な場面で小川では経験の豊富な野田あたりどうなの?平井も今季は左に打たれそうなイメージです。
    とにかく明日も勝つことが大事です。

    • sakano より:

      右投げのサイドスローの投手は元々左打者には打たれやすいので打たれてもしょうがないのかなという感じはします。
      抑えられる時はインコースとアウトコースの投げ分けが出来ている時くらいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました