打線の再構成を希望

スポンサーリンク

開幕カードの負け越しの原因は得点力不足です。

まだ3試合の消化ですけども打線の再構築をした方が良いと思います。

なぜなら今シーズンは試合数が少ないですからね。

 

打順選手名ポジション
1番外崎修汰二塁手
2番源田壮亮遊撃手
3番森友哉捕手
4番山川穂高一塁手
5番中村剛也指名打者
6番栗山巧左翼手
7番C.スパンジェンバーグ三塁手
8番川越誠司/木村文紀右翼手
9番鈴木将平/金子侑司中堅手

C.スパンジェンバーグはしばらくは下位で様子見だと思います。

左投手が先発だから外すというのは止めて欲しいです。

慣れる時間を与えて駄目だったらその時に考えれば良いと思います。

下位なら打て無くてもそこまで影響は無いかなと思います。

 

栗山巧とC.スパンジェンバーグと左打ちが続きますが、これはどうしようもないかなと思います。

右打ちで打てる外野手が一軍には居ないです。

 

木村文紀と金子侑司は使うしか無いかなと思うので併用という形がベストだと思います。

特に木村文紀は安打が出ないと困るので左投手の時のスタメンですかね。

金子侑司は右打席の方がスイングが良いので左投手の時のスタメンです。

理想は併用しながら川越誠司や鈴木将平が単独で使えるレベルまで成長してくれる事です。

 

山野辺翔とC.スパンジェンバーグの併用も考えましたが、山野辺翔のサードの守備は個人的にはあまり印象が良くないので無しにしました。

どうしてもC.スパンジェンバーグが駄目な時は外崎修汰の守備位置を含めて検討するしかないです。

山野辺翔をサードで使うなら佐藤龍世をサードで使った方が良いと思いますけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました