北海道日本ハムファイターズ戦のまとめ[6月19日~21日]

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

北海道日本ハムファイターズとの3連戦をまとめたいと思います。

 

開幕戦はZ.ニールの好投で勝つ事ができました。

ただこのカードの勝ちはこの1勝だけでした。

得点が問題です。

開幕戦の3得点が一番得点したという打線のチームとは思えない戦い方です。

 

先発投手はZ.ニールが6回までを投げ無失点、松本航が7回の途中までを投げて2失点、與座海人が6回までを投げて3失点と好投しています。

この3連戦で唯一の救いですね。

 

あとはリリーフを全員登板させる事ができたのも良かったと思います。

特に新人の宮川哲と浜屋将太がプロ初登板を経験できたのは良かったと思います。

大事な場面でプロ初登板は酷ですからね。

どんな投手でもプロ初登板は緊張します。

プロでの経験が有る投手でもシーズンの初登板は早く済ませたいらしいので開幕カードで登板させる事ができたのは今後の為になると思います。

 

北海道日本ハムファイターズの中田翔にやられた感が有ります。

死球覚悟のインコースというのも必要なんじゃないでしょうかね?

抑える為には死球もしょうがないというのは嫌がる人は居るでしょうけどもプロは生活を賭けているのでそのくらいはしないと駄目なんじゃないかなと思います。

高校野球とかは死球覚悟の配球とは駄目ですけどね。

 

このカードでの負け越しの原因は打線です。

起爆剤となる秋山翔吾の穴を痛感した3連戦となりました。

火薬は大量に有るけど起爆できなければ怖さは無いというやつです。

打線の並びなどを再考する必要が有ると思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました