ライバル球団の分析 [千葉ロッテマリーンズ編]

企画
スポンサーリンク

開幕までにライバル球団の戦力を分析したいと思います。

今回は千葉ロッテマリーンズです。

投手

先発投手は石川歩、美馬学、種市篤暉、二木康太と4人は計算できるのかなと思います。

あとは岩下大輝や西野勇士なんでしょうけども西野勇士が故障でアウトなので小島和哉を使うしか無いのかなという感じです。

それでも4人はある程度計算できるので他球団よりかはマシでしょう。

 

リリーフが抑えの益田直也を筆頭にセットアッパーの松永昂大、東條大樹とここまでは盤石でしょうけども中継ぎが田中靖洋くらいしかまともな投手が居ないです。

唐川侑己は去年の防御率を考えれば大事な場面で起用するのは難しいでしょう。

J.ジャクソンやF.ハーマンが駄目だったらリリーフは崩壊すると思います。

石崎剛や小野郁が出てきたらリリーフが楽になるんじゃないでしょうかね?

野手

福田秀平の加入で打線としては攻撃パターンが増えたかなという感じです。

2番に角中勝也を起用してましたが、荻野貴司が2番の方が嫌かなと思います。

角中勝也は6番くらいの方が怖いと思います。

福田秀平、荻野貴司、中村奨吾でチャンスを作ってB.レアード、  L.マーティン、角中勝也で得点というパターンの方が機動力も使えて良いような気もします。

ZOZOマリンは風が有るので長打よりも機動力重視の方が良いじゃないでしょうかね?

下位で安田尚憲を使って経験を積ませたりですかね。


今年、本気で優勝を狙うにしてはリリーフが頼りない感じはします。

ドラフトで即戦力の投手を指名した方が良かったと思います。

佐々木朗希を1年目から先発ローテで使うのなら先発からリリーフに誰かを回すという方法も有ります。

 

現状だと3位争いだと思います。

美馬学と福田秀平を獲得しても涌井秀章、酒居知史、鈴木大地が抜けてるのでプラマイゼロだと思います。

 

世代交代がしたいのか、今年優勝したいのが方針が定まって無いです。

ドラフトでは将来性、補強では優勝を狙うという感じです。

補強すると若手の出場機会を奪うという事なので世代交代は確実に遅れます。

数年後にという事なら福田秀平を獲得せずに藤原恭大を我慢して使って、鈴木大地が移籍した穴は安田尚憲だったと思います。

 

外国人枠が5人になりましたが、千葉ロッテマリーンズの外国人選手の編成だと有効に使えないです。

ベンチ入りは4人までなので先発タイプの外国人投手が居ないのでね。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました