ライバル球団の分析 [東北楽天ゴールデンイーグルス編]

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

開幕までにライバル球団の戦力を分析したいと思います。

今回は東北楽天ゴールデンイーグルスです。

投手

先発投手は名前だけを見ればそこそこのメンバーが揃ってます。

ただ則本昂大は故障明けとフォーム改造で未知数ですし、松井裕樹は先発できるのかも未知数です。

涌井秀章がどのくらい頑張れるかですよね。

先発である程度計算できるのは石橋良太と辛島航くらいしか居ない状況です。

あとは塩見貴洋がどのくらい頑張れるかです。

岸孝之は二軍のようです。

 

リリーフは抑えの森原康平がどうなるかですね。

松井裕樹が先発に回るので抑えが居ない状況になりますからね。

場合によってはA.ブセニッツや牧田和久など中継ぎ投手の中から良い投手が抑えという事も有るのかもしれません。

抑えが絶対的では無いので不安な要素ですよね。

 

あとは捕手が太田光という面も投手陣に影響を与えると思います。

今年の東北楽天ゴールデンイーグルスは守りの方は不安要素が多いと思います。

野手

鈴木大地の加入で打線は確実に強くなってます。

S.ロメロが復活という事になると困った打線になります。

一発を打てる選手も居ますし、走れる選手も居ます。

率を残せる選手も居ます。

打線のバランスも良いと思います。

キューバ組が居ない福岡ソフトバンクホークス打線よりも手ごわいと思います。

 

東北楽天ゴールデンイーグルスの良い所は有望な若い選手も居るという点ですかね。

内田靖人や田中和基に辰己涼介など世代交代の準備もできています。

 

今年は太田光を正捕手として起用して育てる方針でしょう。

嶋基宏が退団したので育てるしかない状況ですからね。


松井裕樹の先発転向と森原康平の抑え挑戦、太田光を正捕手で育成と守りの面で不安が有るので育成の年になりそうな感じはします。

全てが上手く成功したら一番の強敵になると思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました