1番はC.スパンジェンバーグ?

スポンサーリンク

練習試合の最終戦の起用を見る限りでは開幕戦の1番はC.スパンジェンバーグですかね。

練習試合の最終戦で1番で起用されて2安打1四球と出塁しました。

 

C.スパンジェンバーグは走塁の方で普通に走れるというのも1番で起用される要因だと思います。

盗塁はどのくらいできるか分かりませんけども秋山翔吾と同等くらいは走れるんじゃないかなと思います。

1番で重要なのは盗塁よりも出塁ですからね。

盗塁は付加価値程度です。

どれだけ出塁できて得点に繋げられるかが一番重要です。

盗塁が多くても得点に繋がらなかったら無意味です。

 

辻発彦監督のなのでもしかしたら金子侑司の1番起用を強行するかもしれません。

去年から金子侑司の1番起用に拘ってるのかなという感じです。

逆に外崎修汰は何で駄目なんでしょうか?

C.スパンジェンバーグ、源田壮亮、森友哉と左打者が続くので外崎修汰の方が良いような気もします。

 

C.スパンジェンバーグも本当に打てるのかは開幕してみないと分かりませんけどね。

こればかりは新外国人選手なので分からないです。

打てる事を信じるしか無いです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました