【練習試合】中日ドラゴンズ戦[6月7日]

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今日は最後のメットライフドームで中日ドラゴンズとの練習試合でした。

 

感想

與座海人

初見だと打ち難いみたいですね。

中日ドラゴンズの打線が苦労してました。

ただ二巡目になると打たれますね。

配球やコントロール面にちょっと課題が有るかなと思います。

牧田和久と違う所はやっぱりコントロールかなと思います。

與座海人は逆球とか有って荒れる時が有ります。

浜屋将太

ヒットでランナーを出して併殺で帳消しにしたのに四球で出してしまったのは勿体ないと思います。

コントール面の安定感はまだ無いですね。

先頭打者に対してボールが高かったです。

1年目なのですべてが初めての経験なのでしょうがないのでしょうけども慣れて貰うしか無いのかなと思います。

松坂大輔

完全な変化球投手ですね。

変化球投手が駄目という訳では無いですけどももう少しコントロールが良くないと厳しいのかなと思います。

投げさせたのはファンサービスというのも有るんでしょうかね?

去年まで在籍していた中日ドラゴンズファンの為にという面も有るのでしょうか?

平井克典

コントロールはまだ微調整が必要と感じましたが、残りの練習試合を考えれば十分だと思います。

そこまで心配はしてないです。

R.ギャレット

登板して2連打でピンチは作りましたけどもストレートは良かったと思います。

変化球のコントロールが安定すればフルカウントにならなくて済むんでしょうけどね。

増田達至

今年の増田達至はあまり良くないのでしょうか?

空振りが奪えないですよね。

抑えなら三振が奪える投手が良いので今の増田達至は適性では無いのかなと思います。

ストレートは捉えられてますし、スライダーは元々カット系で空振りが奪えるボールでは無いです。

木村文紀

4打数2安打1打点1四球でした。

この状態が開幕以降も続けば良いですけどね。

C.スパンジェンバーグ

本塁打は出ませんでしたね。

2打数1安打1打点で1打点は犠牲フライです。

4試合連続の打点というのは続いてます。

源田壮亮

3打数2安打1打点1四球でした。

基本的に源田壮亮に関しては心配はしてないです。

金子侑司

3打数1安打1打点1四球でした。

1打席目に出塁できるのが一番良いですけどね。

金子侑司の場合は1打席目は簡単にアウトになってしまうんですよね。

鈴木将平

代走で出場して2打席目にタイムリーを打ちました。

試合展開関係なく打つ事が大事だと思います。

打てば評価は上がります。

高木渉

途中出場で2打数1安打でした。

安打を打てたのは良いアピールになったと思います。


コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました