頑張らないと危ない選手【熊代聖人編】

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今年頑張らないと危ない選手を挙げたいと思います。

危ないというのはクビという事です。

今回は熊代聖人です。

 

今年31歳です。

一軍での出場が数試合とかになったらオフに戦力外になっても不思議では無いです。

ドラフトの為に選手の人数というのが有りますからね。

森越祐人などよりかは優遇されるでしょうけども若手が出てきたら危ない立場です。

 

もし引退となっても球団が何かしらのポストは用意してくれると思います。

引退しないで良いように若手に負けない事です。

右打ちなのでライバルは愛斗ですかね。

左打ちの川越誠司や鈴木将平が台頭して一軍という事になっても出場機会は減ると思います。

 

右打ちなので対左投手の時に結果を残せば佐藤友亮二軍外野守備・走塁コーチの現役時代のような使われ方をして貰えるんでしょうけどね。

木村文紀も右打ちですからね。

内野の守備は山田遥楓とか呉念庭の方が確実に安心できるので求めるのはどうかなと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. フェアプレイが一番 より:

    確かに宴会部長だけではいけません

     そろそろ結果を出さないと。本人がベンチにいるだけじゃ、その気持ちが欲しいです。そうでないと本当に2年後は危ないです

    • sakano より:

      岸潤一郎の台頭次第では今年のオフも危ないです。
      指名する人数次第でしょうけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました