ネット中継の為に色々と変えるべき

プロ野球
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今の時代はネットだと思います。

芸能人も野球解説者もYouTubeチャンネル解説が増えてきました。

なぜチャンネルを開設するかというとそっちの方が儲かるからです。

パ・リーグはセ・リーグよりもネット中継の方は積極的に整備してますけどまだ改善点が有ると思います。

ネット中継サービスの種類が多過ぎる

パ・リーグの場合、試合のネット中継をしているサービスが多過ぎます。

「パ・リーグTV」、「DAZN」、「Rakuten TV」と3つのサービスが有ります。

1つにまとめろと言いたいです。

この場合は「パ・リーグTV」独占で中継すべきかなと思います。

二軍の試合中継

二軍の試合も「パ・リーグTV」で全試合中継できればね。

現状ではセ・リーグの球団との対戦が有るので全試合中継は不可能です。

特に読売ジャイアンツは放映権の問題、広島東洋カープは立地の問題で難しいでしょう。

二軍もセ・パで分ければ良いじゃないでしょうかね?

一軍の日程と連動して親子ゲームという形でね。

今は格安航空などが有るので移動費用も昔ほど高額ではないと思います。

親子ゲームの方が入れ替えがしやすいと思います。

「パ・リーグTV」で収益を出す

「パ・リーグTV」を今以上に価値を高めて収益を今以上に出すように努力すべきです。

パ・リーグの試合をネットで見るのは「パ・リーグTV」という環境を作らないと駄目です。

せっかくパ・リーグ6球団が協力して作ったんですから活用して欲しいです。

広告CMをイニング間に入れても問題にはならないと思います。

今回の新型コロナウイルスで無観客試合という可能性が有る状況で収益を出すならネット中継なんじゃないでしょうか?

将来的には5G環境も整備されて高速通信が可能になります。

タイムラグも少なくなるでしょう。

ネット中継サービスを強化すべきだと思います。

試合以外でも

ネット中継は試合だけではなく試合前の練習とか試合前ノックなどの映像を配信しても良いと思います。

試合開始時刻直前から中継するのではなく練習から中継というのも不可能ではないと思います。

TV中継のように時間の制約は無いですからね。

スマホなどで手軽に見られるので中継されるなら見る人は居ると思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました