伸び悩む若手【伊藤翔編】

スポンサーリンク

伸び悩んでいる若手選手の事を書きたいと思います。

今回は伊藤翔です。

 

コントロールが良くないです。

逆球が多いですよね。

球威で抑えるというタイプでは無いのでコースに投げられるコントロールが必要だと思います。

常時140キロ後半という球威だったら多少アバウトでも良いですけども140キロ前半で速くても140キロ中盤だとコースにキッチリとコントロールできないと打たれますよね。

 

タイプ的には楽天の岸孝之のように体を大きくしたくてもできないタイプなのかなと思います。

球威の大幅なアップは望めないのでキレとコントロールで勝負するタイプだと思います。

 

フォームが二段モーションですけども二段モーションを止めてシンプルにするというのも一つの方法なのかもしれません。

フォームの無駄を省いてコントロールが改善したという投手も居ます。

元々のフォームは二段では無いですよね。

原点に戻ってみても良いと思いますけどね。

大きな故障をして以前のフォームに戻せないという訳でも無いでしょう。

 

まだ21歳なのでこのまま駄目になるというのは勿体ないです。

開幕まで期間が有るので何とか修正して飛躍して欲しいです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    筆者の言われる通りで、私も伊藤翔投手の飛躍を期待しています。アマ時代の方が断然良い投げ方をしているように見えます。この投手は、広島の野村投手のように下半身主体による低めへのコントロールで勝負しないと未完で終わってしまうこともあり得ます。1年目に2日連続での勝ち投手となったことが、逆に遠回りになったかも。ただ、今のもがきが先の実になる可能性もあり得ます。とにかく、低めへのコントロールを磨き上げるしか、この世界では生き残れないと思います。がんばれ、伊藤翔投手。

    • sakano より:

      二段モーションが解禁されてタイミングを外したいからなのか、タメが作りやすいからなのか取り入れて本来の伊藤翔の良さが無くなったのかなと思います。
      ただまだ若いので取り戻せる年齢だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました