良いと思うオーダー案

雑談
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

基本

打順選手名ポジション
1番金子侑司中堅手
2番源田壮亮遊撃手
3番森友哉捕手
4番山川穂高一塁手
5番外崎修汰二塁手
6番中村剛也三塁手
7番C.スパンジェンバーグ左翼手
8番栗山巧指名打者
9番木村文紀右翼手

これが現時点でのオーダーですが、他に考えたいと思います。

パターン1

打順選手名ポジション
1番外崎修汰二塁手
2番源田壮亮遊撃手
3番森友哉捕手
4番山川穂高一塁手
5番中村剛也三塁手
6番栗山巧/E.メヒア指名打者
7番鈴木将平左翼手
8番川越誠司/木村文紀右翼手
9番金子侑司中堅手

1番に外崎修汰を起用したパターンです。

外崎修汰は長打力も有りますし、盗塁も出来ます。

打率は2割7分台、出塁率が3割5分台は期待できるので金子侑司よりもチャンスを作れると思います。

5番は素直に中村剛也です。

機動力を重視する内野手出身の監督は5番打者に中距離打者を使いたがりますよね。

確実性を求めてなんでしょうけど、去年の打点王が居るのに5番で起用しないというのは勿体ないと思います。

レフトは育成枠で鈴木将平とか若手を起用すれば良いじゃないでしょうかね?

パターン2

打順選手名ポジション
1番山野辺翔二塁手
2番源田壮亮遊撃手
3番森友哉捕手
4番山川穂高一塁手
5番外崎修汰左翼手
6番中村剛也指名打者
7番川越誠司右翼手
8番佐藤龍世/呉念庭三塁手
9番金子侑司中堅手

守備のミスが多い外崎修汰を打撃に集中できるレフトにコンバートする案です。

セカンドは動きが多いですし、守備のミスを気にして打撃に集中できないという事も有ると思います。

中村剛也を指名打者で固定して、サードは佐藤龍世や呉念庭を起用です。

ライトは川越誠司で固定です。

1番はセカンドの守備も上手くなって打撃も悪くない山野辺翔です。


金子侑司が打ってくれたら1番でも良いのですが、打て無かったという場合も考えられますからね。

去年は1番でスタートして最終的に9番という事になっています。

去年は秋山翔吾が居たから良かったですけど、今年は居ないのでダメだったらという事を考えると練習試合で色々なパターンを試すべきです。

C.スパンジェンバーグは駄目っぽいので諦めです。

我慢して使い続ければ打てるようになるかもしれませんけども待つ余裕は無いです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました