大石達也と袁嘉迪が帰国

情報
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

大石達也球団本部チーム統括部ファーム・育成グループスタッフと袁嘉迪球団本部チーム統括部ファーム・育成グループ国際業務担当が新型コロナウイルスの影響で帰国だそうです。

 

大石達也也球団本部チーム統括部ファーム・育成グループスタッフは1Aでコーチの勉強をしていましたが、僅か3週間ほどの渡米となってしまいました。

現在のMLBは新型コロナウイルスの影響でオープン戦も中断している状態ですからね。

それにマイナーの選手が新型コロナウイルスに感染したという情報も有ります。

感染の可能性が高い所に滞在させる訳にはいかないという事なんでしょう。

 

こればかりはしょうがないですよね。

下手をしたら帰国しても隔離という状況になってしまう可能性も有りますからね。

アメリカは日本よりも危険な場所になってしまいました。

 

気を付けて欲しいのが空港です。

アメリカの空港はヨーロッパからの帰国者で混乱している状況のようです。

その帰国者が新型コロナウイルスに感染している可能性だって有りますからね。

症状が出て無くてもウイルスに感染している場合も有るみたいなので、そうなると誰が感染しているか分からないですよ。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. フェアプレイが一番 より:

     これに関してはやむを得ません

     コロナに勝てない。まあそれはどこも一緒なんで。大石には将来ブルペン担当になってもらいたかったので、残念、終息したらまた勉強ですね

     大統領が生意気なこと言ってたら、アメリカ危険になっちゃいましたね

    • sakano より:

      トランプ大統領はまだ日本政府の対応を評価してました。
      ロンドンの市長候補者が東京オリンピックが中止の時はロンドンで開催できるとかTwitterに投稿してましたけども日本よりもヨーロッパの方が深刻な状況になってます。

      大石達也は早稲田大学卒ですけども勉強の方はどうだったんでしょうかね?
      コーチングよりもデータ解析の方をやって欲しいですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました