どうしてもC.スパンジェンバーグを起用するなら

雑談
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

どうしてもC.スパンジェンバーグを使うならサード固定ですかね。

外野で使うよりも内野だと思います。

 

打順は5番起用というのは駄目でしょうかね?

山川穂高と中村剛也の間に中距離打者を挟みたいのが辻発彦監督の考えみたいなので、左打ちの中距離打者とC.スパンジェンバーグはピッタリです。

打てるか、打て無いかは別ですけどね。

ただ外国人なので打ってくれないと使う意味は無いので打てると信じて5番で起用しても良いじゃないでしょうか?

練習試合の期間だけでも試す価値は有ると思います。

 

外崎修汰は1番で固定すれば1番から4番まででそれなりに得点できる打線になるんじゃないでしょうかね?

 

外国人投手3人、外国人野手1人体制というのが基本案でしょうかね。

ただ外国人投手はあと1人くらい獲得して競争させた方が良いと思います。

 

C.スパンジェンバーグに関しては獲得したんだから使うしかないです。

8000万円の年俸ですからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました