中村剛也の守備は限界

雑談
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

中村剛也が昨日のオープン戦でサードを守りましたけども動きが悪くなってますね。

打球の反応も遅れてますし、守備範囲も狭くなってます。

年齢を考えてもそろそろ守備の方は控えた方が良いと思います。

自主トレ期間中に右ふくらはぎの張りが出て調整が遅れました。

守備で故障して離脱というのが一番困る事です。

 

サードは佐藤龍世、C.スパンジェンバーグと候補が居ます。

守備だけならC.スパンジェンバーグでしょうけども打てるかまだ分かりません。

佐藤龍世の守備は上手い方ですし、打撃も調子が良いので将来性を考えると育てるのも有りだと思います。

山野辺翔は打撃や走力は魅力なんですが、まだサードの守備には不慣れな面が有るでしょう。

山野辺翔はセカンドは外崎修汰が居るのでサードか外野しかポジションが無いというのが現状です。

 

中村剛也を指名打者で起用して、サードは佐藤龍世、C.スパンジェンバーグ、山野辺翔で競争させるのが一番だと思います。

中村剛也は守りたいと主張するかもしれませんけどもそこは説得でしょう。

中村剛也の守りでは投手が辛いです。

栗山巧やE.メヒアは代打やバックアップかなと思います。

E.メヒアはレフトとか守れたら良かったんですけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました