【オープン戦】[2020年3月6日] 広島東洋カープ戦

オープン戦
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スコア


先発のZ.ニールは細かいコントロールにまだ課題が有ると思います。

際どいコースを球審が取ってくれないというのも有ったと思います。

球数を増えるとコントロールが乱れるという所も有りましたが、これは疲れが原因で試合を重ねれば解決すると思います。

80球を超える球数を投げたので次回は100球を目途ですかね。

あと2度の登板が有るので大丈夫だと思います。

 

2番手のR.ギャレットは回跨ぎでの登板は志願だそうです。

そして2日前に初めて投げたフォークを試したそうです。

シンカー気味に変化したボールでしょうかね?

最速は157キロでした。

 

3番手の増田達至はボールが全体的に高かったです。

守備に助けられて失点をせずに済みました。

これからですね。

 

4番手の平良海馬は不運な安打は打たれますが先発の時とは違ってストレートの球威で抑える事が出来てました。

 

野手で目立ったのは川越誠司と鈴木将平ですかね。

川越誠司は左投手から変化球を上手く打ってました。

鈴木将平はタイムリーツーベースを打ってます。

それに鈴木将平はレフトの守備で送球で1点を阻止しました。

 

山川穂高は安打は打ってますが打球がすべて差し込まれているのかなと感じました。

タイミングの問題なので試合に出続ければ修正すると思います。

 

金子侑司は内野安打で出塁して盗塁もするんですが、序盤に出塁してくれないと困ります。

左打ちの時はあまり打て無いですよね。

1番での起用はちょっと厳しいと思います。

 

C.スパンジェンバーグはボールを見て四球を選ぶんですけども打つ方がまだちょっとという感じです。

 

佐藤龍世は代走で出場して1打席回ってきて安打を打ちました。

中村剛也を指名打者で佐藤龍世をサードでスタメンというのは駄目なんでしょうか?


Z.ニールが広島東洋カープのJ.ピレラの右手首付近に死球を当ててしまって病院に行ったみたいです。

広島東洋カープファンに申し訳ないです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました